英語を覚える

英語はとても難しいと感じてしまう人も多いが、どうか気にしないで欲しい。
そもそも日本人が英語を得意になることは難しいと考えられているからだ。
英語の発音は日本語の発音よりも高いというのは聞いてみれば分かる。
そのため、低い日本語は聞き取ることができるが英語は高すぎて聞き取ることができない。
このような影響もあって、英語が得意な日本人は少ないのである。
しかし、そんなことを言っている暇は無い。
英語の需要はどんどん増えているため、勉強をしなければ取り残されてしまう日も近いのだ。
英語の勉強において重要なことは継続して勉強を続けることである。
継続して勉強することができれば、英語は自然とできるようになるのである。
そのためにも、まずは自分ができる範囲内の目標を設定した上で達成することを考えなければならない。
なぜなら、できないと感じることは継続することは難しく、英語が最初から好きな人は少ないため、少しでもできるようになったという実感を感じなければならないからだ。
だが、目標内容も大雑把なものではなく、具体的な内容を決めておくことが重要だ。
たとえ、普通の人でもすぐに達成ができるような目標だとしても達成することで達成感を得ることができる。
それを枷にして、英語がどんどんできるようになれば、英語を好きになる人は増えていくはずである。
英語ができるようになるまでの過程はとても難しいと感じるが、慣れてしまえば大したことはない。
まずは、継続して英語を勉強することだけを考えて取り組んでみよう。

英語をある程度勉強できたら、英語の資格に挑戦をしてみよう。
英語の資格はとても優秀で、特にTOEICの資格の需要はとても大きい。
しかし、英語以外にも資格試験対策をしなければ点数を稼ぐことは難しく、また時間制限があるため、早く解く練習をしなければならない。
だが、TOEICの資格で多くの点数を稼ぐことができれば、大手企業に就職しやすくなることは確実である。
今ではほとんどの企業がTOEICを重視しているため、英語ができる人材はとても貴重なのだ。
このように、英語にはメリットしかない。
強いて言えば、英語を勉強することを難しく感じてしまうのがデメリットだが、勉強を継続的にし、英語を好きになるしかないだろう。
ただ一つ言えるのは、私の経験上英語はやればできることである。
継続し、英語を続けることさえできるようになれば、英語を身に着けることはとても簡単なためぜひ挑戦をして欲しい。

 

あなたは英語を話せますか?